製品情報/営業連絡:
sales@thecus.com

マーケティング関するお問い合わせはe-mailでお願いします:
marketing@thecus.com

テクニカルニュース

2012-11-08
Data Guardによって提供されるローカルバックアップソリューションの概要
Bookmark and Share

11/08/2012-Data Guardの遠隔バックアップに焦点を当てた前回の記事で約束したとおり、今回は、ローカルバックアップによって提供されるオプションについてお話します。このシリーズの第三回であり最後となるこの記事では、AmazonS3のクラウドバックアップについてお話します。NASにローカルバックアップタスクを追加する場合、インポート、コピー、リアルタイムバックアップ、スケジュールバックアップ、iSCSIバックアップとiSCSIインポートのオプションがあります。それらは、UIメニューリストのData Guard "Backup"下にあり、NASにある重要なデータの安全を保証します。それぞれを詳しく見ていきましょう。

インポート

インポートでは、USBまたはeSATAポートで接続された外部の機器からデータを取得し、NASの新しいフォルダ内に安全にバックアップすることができます。これにより万が一ハードドライブがクラッシュした場合も、HDDデータをNASに保存することが可能なので、全てのデータにアクセスできます。

コピー

コピーは、3つのオプションがあります。RAIDフォルダを他のRAIDフォルダにコピーするか、RAIDフォルダを外部デバイスへコピー、または外部デバイスをRAIDフォルダにコピーする方法です。ソースとターゲットの選択によって、データのバックアップの安全が保証されます。

リアルタイムバックアップ

リアルタイムバックアップは、日付/レイドフォルダがコピーされるターゲットの場所と、ソースを選択できる点でコピーと似ています。唯一の違いは、ソースフォルダで変更する度に、データも同時にバックアップされるという面です。

スケジュールバックアップ

名前が示唆するように、スケジュールバックアップは、バックアップタスクを実行する日付を設定できます。これは、RAIDフォルダからRAIDフォルダへ、もしくはRAIDフォルダから外部デバイス上で実行することができます。

iSCSIバックアップ

iSCSIボリュームも、RAIDフォルダ、または外部デバイスにバックアップすることができます。Data GuardのローカルバックアップセクションでただiSCSIバックアップオプションを選択するだけで実行できます。そしてiSCSIのインポートを選択するだけで、バックアップデータを取得できます。

結論

ThecusのData Guardは、バックアップソリューションを幅広く提供しています。先に述べたように、ローカルバックアップは使いやすく、柔軟な機能により、どんなユーザーのニーズにも応えます。ThecusOS™5.0上で運転されるすべてのThecusのNASは、Data Guardとローカルバックアップオプションに対応しています。セットアップとすべてのバックアップタスクの管理がすぐに、同じ場所で行えます。


Thecus® について
2004年に創立されたThecus Technology Corp.はグローバルにネットワークストレージ(NAS)とネットワークビデオレコー ダー(NVR)ソリューションを展開する会社で、家庭用から業務用までの幅広い層に対し、外付け及びクラウドベースでのデジタ ルデータの保存、管理、アクセスの支援をします。Thecus は、最先端の技術の導入、ユーザーが使いやすいプラットフォーム のデザイン、高いパフォーマンスと強固なセキュリティの提供を目指しています。2016 年 5 月に Thecus は Ennoconn Corporationに買収され、正式にFoxconn IPC Technology groupの一員となりました。幅広い企業群と共にパート ナーを組むことにより、トータルなIoT (Internet of Things) ソリューションを提供します。現在、Thecusは他に類をみな い協業体制により、ネットワークストレージ産業に新たな前例のない変化を起こしてゆきます。

販売に関するお問い合わせは、こちらからご連絡ください。sales@thecus.com

マーケティングに関するお問い合わせは、こちらからご連絡ください。marketing@thecus.com