製品情報/営業連絡:
sales@thecus.com

マーケティング関するお問い合わせはe-mailでお願いします:
marketing@thecus.com

テクニカルニュース

2013-09-18
コストの観点から
Bookmark and Share

09/18/2013-最近、私たちThecusは、クラウド·コンピューティングに力を入れています。過去に6回ほど、ニュースリリースでも似たようなトピックでお話させていただいています。

今回は、コストの面からパブリックとプライベートクラウドについてみてみましょう。

パブリッククラウドサービスの利点はよく知られています:セットアップがシンプルで、リモートホストなので安全、また簡単に拡張可能、起動コストの面で比較的安価など様々な利点があります。では、なぜ企業や家庭のユーザは未だにプライベートクラウドを活用するのでしょうか。管理、プライバシーとセキュリティ、および長期的なコストという3つの主な理由が挙げられます。

公共サービスに関連付けられた使いやすさは、ユーザによって、メリットにもデメリットにもなります。クラウド企業が提供するシンプルさに感謝するユーザもいれば、より実践的なクラウドを必要とする(少なくとも好む)ユーザもいます。またデータのプライバシーおよびセキュリティに対し懸念(最近のニュースリリースDropbox Cloud Storage Platform Hacked? Not So Fastで議論されています。)あるいはラウド·ストレージ·ベンダーとデータを格納する際の長期的なコストを疑問視する声もあります。

では、主な2つのクラウドDropboxとエレファントドライブ(アマゾンやGoogleは、より複雑な価格戦略のために省略されます)のコストを詳しく見てみることにしましょう。

次に、あなた自身の個人的なクラウドを構築するためにどれだけ費用がかかるのか見てみましょう。まず開始するには、 NASが必要なので(たとえばThecusの2ベイN2560)およそ339ドルかかるとします。次に、ストレージデバイス( 1TB Western Digital Redドライブが良いでしょう) が 99ドルです。最後に、どこでもデータを得られるためにモバイルアクセスするためのアプリ(T – OnTheGoなど)は、完全無料なので、コストは以下のようになります。

お金がすべてではない

Thecusの目標は、最も安価な製品を作ることではなく、最高の製品を作ることです。Thecus製品は、半分以下の価格でストレージ以外に何も、高度な機能、継続的なサポート、およびツールの品揃えの豊富さを提供します。よって、あなたやあなたの企業が無限のオプションを持った、安全で手頃な価格のストレージ探しているのであれば、プライベートクラウドを念頭に置いておいてください。 

To download T-OnTheGo, go to: http://japanese.thecus.com/sp_dashboard.php

 


Thecus® について
2004年に創立されたThecus Technology Corp.はグローバルにネットワークストレージ(NAS)とネットワークビデオレコー ダー(NVR)ソリューションを展開する会社で、家庭用から業務用までの幅広い層に対し、外付け及びクラウドベースでのデジタ ルデータの保存、管理、アクセスの支援をします。Thecus は、最先端の技術の導入、ユーザーが使いやすいプラットフォーム のデザイン、高いパフォーマンスと強固なセキュリティの提供を目指しています。2016 年 5 月に Thecus は Ennoconn Corporationに買収され、正式にFoxconn IPC Technology groupの一員となりました。幅広い企業群と共にパート ナーを組むことにより、トータルなIoT (Internet of Things) ソリューションを提供します。現在、Thecusは他に類をみな い協業体制により、ネットワークストレージ産業に新たな前例のない変化を起こしてゆきます。

販売に関するお問い合わせは、こちらからご連絡ください。sales@thecus.com

マーケティングに関するお問い合わせは、こちらからご連絡ください。marketing@thecus.com