Expansion

D16000 大規模なボリューム拡張が容易に実現できます。
  • SASケーブル高速転送
  • 電源冗長性
  • 価値の高いのボリューム拡張
  • 最大64までHDD追加可能

    *追加のLSI SAS9200-8e HBAカードが必要です。 -お使いのNASをD16000ユニットとデイジーチェーンするために LSI HBAカードをインストールする必要があります。
    ホストのNASへD16000を接続する際、1台目のみLSI SAS9200-8eのHBAカードが必要です。2台目、3台目、4台目のD16000については、HBAカードは必要ありません。
 

特徴

  • SASケーブル高速転送
    DASとNAS間の通信が6Gb /秒の転送速度を提供するSASケーブルによって保証されていますので、デバイス接続によってデータの転送速度が減速されません。
  • 電源冗長性
    電源のトラブルにより、遅れたり、ダウンタイムの心配はありません。第二電源により、ご使用のDASの信頼性は保証されています。
  • 価値の高いのボリューム拡張
    D16000は、デイジーチェーンでのDASセットアップとしてのみ作られた簡略化した設計で、ボリューム拡張によるコストダウンを実現。
  • 最大64までHDD追加可能
    合計4台のD16000をデイジーチェーン接続を通してマスターユニットに追加可能です。16 HDDの十分なスペースで、64の追加ディスクを使用して、数テラバイトの膨大なボリューム容量を拡張することができます!

  • ボリューム拡張のためのダイレクト10GbE接続

概要

Thecusは高速転送およびインフラストラクチャのコスト削減を可能にするボリューム拡大可能なデイジーチェーン接続の新しいユニットを発表しました。以下では、デイジーチェーンの概念やD16000の素晴らしさ、またこの革新的なストレージデバイスが、ネットワークストレージインフラストラクチャの設定方法を変えたことを紹介いたします。

革新的なThecus D16000特長

ストレージ業界で初めて、Thecusはデイジーチェーン接続技術を確かなものにしました。一見、D16000は、見分けることが難しいくらいN16000に似ています。しかし、デバイス、特に内部は全く異なるユニットになります。まずCPUとRAMが存在しないので、CPUとRAMが内部に配置されていません。D16000には、16ベイ、SAS I / Oとバックプレーンが搭載されています。 SAS SFF-8088ケーブルはデバイスを一緒にリンクする必要があります。つまり、D16000は、DAS(直接接続型ストレージ)の膨大なボリュームのためにお互いに結合された大規模な外付けハードドライブとしてみることができます。

デイジーチェーンの基本

Thecusラインでデイジーチェーン技術を搭載するという発表は、大きなマイルストーンであり、ストレージ業界に素晴らしい高度な機能をもたらします。デイジーチェーンは、ネットワークトポロジの種類です。ネットワークトポロジは、データを転送するために2つ以上のデバイスをリンクするネットワーク管理者向けの技術です。デイジーチェーンのレイアウトは、ネットワークにノードを追加する必要があるユーザーにとっては有益です。さらに、このレイアウトはノードを接続する簡単な方法であり、少しのケーブルで接続可能です。

デイジーチェーン作動中

デイジーチェーンでボリュームを拡張するには、1つのマスターユニットN16000を必要とし、その後ターゲットユニットの4つの D16000にリンクできます。前述したように、SASケーブルは高速転送のために利用されています。この設定により、ストレージ容量320TBまでの巨大な容量を可能にします。低コストでこのハイパフォーマンスは、業界初です。

D16000のコスト削減

D16000のコストあたりのボリュームは非常に優れています。つまり、N16000より安く、デイジーチェーンの革新的な技術が得られます。ユーザーは、デイジーチェーンで、より多くのボリュームを利用する権限を得られます。

結論

デイジーチェーン接続NASのコンセプトははっきりしており、エンタープライズレベルのユーザーを対象としています。ラックマウントの膨大なボリュームを必要とする大企業では、デイジーチェーンとD16000ユニット接続で、コストを削減しつつ、大規模なボリュームを可能にします。SAS SFF-8088は、データを転送するために利用されているので、追加すれば、非常に高速な転送速度を実現します。

台北で行われたComputex 2012年ではD16000とデイジーチェーン接続が展示されました。この革新的なセットアップの詳細については、Massive expansion made easyとタイプしていただければご覧になれます。

スペック

1. システム仕様
項目 仕様
RAID コントローラ JBOD シングルコントローラ
ホストインターフェィス One 4x miniSAS (6Gb/s)*
拡張インターフェィス One 4x miniSAS (6Gb/s)*
DAS 拡張 二つのポートにそれぞれ2つのDASを追加可能。合計4つのDASを接続。
最大64ディスク.
ディスク ステータスインジケーター パワー
アクティビティ
エラー
ディスク インターフェイス SAS/SATA 6G
ドライブ数 16 (SAS/SATA)
電源 リダンダント電源500W (80plus)
システムファン ホットスワップ対応 (x2)
使用環境 温度: 5°C to 40°C
湿度: 0 ~ 80 % R.H. (結露なきこと)
シャーシ 3Uラックマウント
サイズ (縦x幅x奥) 130 x 480 x 518 (mm)
重量 25.96Kgs
*ミニSASケーブル、長さ:2000mm

梱包内容

MiniSAS-cable アクセサリー袋 電源コード クイックインストールガイド
保障カード HDD互換表カード 可動式ラック